>

本当にメリットがあるのか

この記事をシェアする

日照時間が少ない地域

勘違いしやすい部分ですが、ソーラーパネルは1年中100パーセントの力を発揮できるものではありません。
天候が良くない日が続くと太陽の光を集められず、電気代を補えない可能性があります。
ソーラーパネルを取り付けるまでに、シミュレーションを見せてくれる業者が見られます。
しかしシミュレーションでは、天候まで正確に予測することはできません。

しかし最近は、ソーラーパネルに日照時間が短くても十分に発電できるモジュールが登場しています。
費用は少しプラスされてしまいますが、天候に関するリスクを削減したい人は検討することをおすすめします。
過去の天気予報を振り返ると、地域ごとの日照時間や天候を把握できるので参考にしましょう。

火災が発生した場合の対応

ずっとソーラーパネルを使っていると、出火するなどのトラブルが起こる可能性があります。
そうならないためにも業者のメンテナンスが必須ですし、自分でも煙が出ていないかチェックすることが欠かせません。
そのぐらいのチェックだったら、屋根に上らなくてもできると思います。

万が一ソーラーパネルが燃えて修理が必要になった場合は、火災保険を適用できます。
これは住宅の屋根と架台を含むソーラーパネルが一体化していれば1つの家と認められ、保証の範囲内になるからです。
住宅の屋根が燃えた場合も対応できるので、必ず加入しておきましょう。
火災保険に入っていないと、全額を自分で負担します。
すると、かなり大きな出費になってしまうでしょう。