以前と同様の話になりますが、出会いサイトにより生まれた人が亡くなる事件というのは、出会った異性のみがセフレ被害に遭う訳ではないのです。無惨にも、その加害行為が異性が愛しむ者たちにまで、不幸な出来事を生むこともあります。出会い系自体に無縁だったとしても、利用したことも閲覧したこともゼロに等しい人でも周りに出会い系を使用している人がいるというだけで、殺傷事件が起きたり、バイオレンスを受けて嫌な記憶として残ってしまうものです。ところで、先日書いた記事で挙げました事件当日は、唯一の肉親である母は家には在宅しておらず、危害を加えた男と子どものみが在宅している状態でした。以上のように、ネット上のやり取りで会った、十分に中身を把握していない異性を家に連れていく女性が目を見張るほど多数存在するようですが、子供の心は不安しか残されていない状態です。肉親でもなく、家族にいる人でもないような感じで、ところが母親と馴染み深いようにしていて、無関係な人間が入らない筈の空間で、勝手に動くその相手というのはセフレ 熊本 岡山市 セフレまだ物事をすぐに呑み込むことができない子供にしてみれば、事態は緊急と感じていたことでしょう。にも関わらず、全然子供の心情など理解しようとせず、「母親一人では寂しいから」「早急に、二人を助けてくれる交際相手に巡り合いたいから」という動機で、「面倒なく異性を見つける為に」出会い系に惑わされてしまうのです。
「女性が男性にお金を払う逆援助交際」というものなんですが、みなさんはこれを何のことかご存じですか?逆援助交際というのは、女性から報酬を渡してもらいセフレ男性が女性を喜ばせるビジネスの仕組みです。逆援では、多くの場合相手は人妻なんですが、従来は、出会い系サイトで知り合った女性や、職場のきれいな女性、すべての女性たちにお金を払うばかりだったむしろ私たち男性が、女性からサポートを受けて交際ができてしまううれしいサービスなんです。相手は、多くの場合、旦那さんが出張で海外に行っていて、すっと自宅で一人でこもっているような、人恋しい女性が多くを占めています。言い換えをすると、亭主が留守の家で奥様の手料理に舌鼓を打ちながら、ヒモ生活を謳歌できるってわけです。さらには、そんなことだけで報酬まで手に入るんですから、通常はありえないですよね。また、私の話ですが、週一の頻度でサポートしてくれる相手がいます。この若奥さんなんですが、永作博美似で本当に可愛らしい方なんです。まだ二十五で、結婚生活を送っているものの、まだ学生っぽい雰囲気なんです。彼女についてですが、仕事一筋のご主人が出張から帰ってこないことで、ずっと悲しい気持ちを持っているらしく、毎回デートするのが本当に待てなくって困ってます。もちろんですが、家計も助かるので、どことなくばつが悪い感じもしますが、このごろは逆援助交際の影響で貯金してます。

関連記事はこちら

ページ上部に